子育ての理想郷を求めてスウェーデンに移住しちゃった私


yoko kuyama
by kuyamayoko
Twitter

子連れローマ観光

娘が9ヶ月のときに初めて来て以来、

一年に1~2回はお邪魔しております夫の実家 in ローマ。

今回実に8回目くらいだと思うのですが、

今までまったく観光というものをしておりません。

ここで生まれ育ってる夫は観光には一切興味なし。

(そういうものですよね。東京に住んでても、東京タワーの上や皇居の中には行ったことがなかったし・・・)

観光地の周辺は駐車場探すの大変だし、とか、

教会とか観にいっても――たとえそれがどれほど有名な教会であっても――子供にはつまらないだろうし、そうなると親もゆっくり観てられない。

実際、娘が3歳のときに、勇気を出して有名な教会に入ってみたのですが、

入って2分くらいで

「うんち!!」

と相成りまして、

トイレ探すために教会に行ったようなものでした・・・。


しかし今回は気候も良いし、

娘ももう五歳ということで、

今日は勇気を出して観光に行ってみました。


まずは、車を停めた近くにあった教会へ、

ミケランジェロの彫刻を見に。

こちらの中央のものがそうです。

c0252522_5305678.jpg



案内してくれたばあばは、若いころローマでガイドさんをやっていたこともあるので、

ガイドさん並の詳しいガイドをしてくれます。(有難い!)


それを小耳にはさんだ娘は、

「え!?何!? どれがミッケだって??」

(スウェーデン語でマイケルの愛称はミッケ)


ミケランジェロも5歳児にミッケ呼ばわりされ、形無しです。


さらに、「なに、イエス・キリストって誰?!」

と聞くので、

両親による、かなりテキトー解説。


母 「イエス様って人はね、パパの会社の近くで生まれたんだよ~」

(夫の会社の本社はイスラエルにある)

父 「イエス様はお話がとっても上手でね、(アメリカの大統領みたいな感じでしょうか?)

みんなイエスさまのこと大好きになっちゃったんだよ~」

母 「でもね、それに嫉妬した悪い王様がイエス様を殺しちゃったの」

娘 「えっ!? しんじゃったのー?」
 
父 「うん、でもそのあとまた生き返って、どっか飛んでいっちゃったんだよ
(ちょうどイースターの話ですねw) 
おわり!」


実は娘、9ヶ月のときにエルサレムに行った事があるのですが、もちろん覚えてないよね・・・。

でも娘がこれほど教会の内部や登場人物たちに興味を示すというのが意外で、ちょっと感心しました。

もう思ってるほど子供じゃないんだなあ。


しかし、田舎でのびのび育ってる娘、

教会の前で物乞いの人が器を差し出すと、てっきり自分に何かくれるんだと思って手を差し出して小銭をとろうとする。

(普段住んでる街では、物乞いはいなくて、子供に何か配っている人ならいるので)


しつこい物売りのお兄さんに、にこやかに手を振って挨拶する。

(人を疑うことを知らない・・・・)

都会の世知辛さは知らずに、育っております。



そして、コロッセオの外にてお友達のエレナちゃんと合流。

c0252522_5322745.jpg


イースターのチョコをもらって食べる♪

c0252522_5314322.jpg



そこから有料区域に入りました。

パラティーノやフォーロ・ロマーノといった遺跡エリア。

中は公園のようになっていて、車も走ってないし、物乞いや物売りもいないので、子供たちは自由に走り回れるし、お花を摘んだりして、楽しそう。


c0252522_5333621.jpg




こうやって遺跡をバックに花を摘んでいると・・・

いつの間にか人だかりができていて、10人以上の中国人の若い団体客がうちの子供たちを熱心に撮影していました(爆)

c0252522_5341122.jpg


この写真には少ししか写っていませんが、直前には十人以上いた・・・笑


お池では願い事をしながら、後ろを向いてコインを投げたり・・・

c0252522_5354924.jpg



その後、レストランでランチ。

エレナちゃんと娘は一人分を半分わけ。

c0252522_5371466.jpg



大人は前菜にブルスケッタ

c0252522_5365854.jpg



私はそのあと、手長海老とクリームのリゾット

c0252522_5375842.jpg


観光地だけど、かなり美味でした!




娘はこの日、眠る直前に突然

「Jag älskar Jesus Kristus....」(I love Jesus Christ...)

と言い残して寝てしまいました。


ローマには5歳児をも感化する何かがあるのでしょうか。

子連れで教会に行くのも、なかなか興味深いものですね。

ちなみに、スウェーデンはプロテスタントの国ですが、宗教色はほぼまったくないので普段の生活の中で”イエス・キリスト”の名を聞くことはありません。
[PR]
by kuyamayoko | 2013-04-01 22:30 | スウェーデンでの暮らし
最新の記事
更新情報
at 2013-12-02 18:09
スウェーデンミステリアカデミ..
at 2013-10-30 10:55
紅葉の秋
at 2013-10-14 16:31
ヘニング・マンケル氏の写真あ..
at 2013-10-03 04:52
シンガポール1泊4日の弾丸出張
at 2013-09-26 13:13
カテゴリ
以前の記事
検索
外部リンク
記事ランキング
その他のジャンル